真性包茎・仮性包茎で悩んでいる男性必見!安心して包茎手術が受けられる横浜のクリニックを口コミや評判も参考に徹底比較ランキングでご紹介!

包茎である場合に注意しなければならないこと

包茎とは包皮が亀頭を覆ってむき出しにならない状態のことを言います。
そのままにしていると不衛生ですし、さまざまな病気の原因となりますので注意が必要です。
健康に過ごすために必要な注意点を、仮性と真性のタイプ別に分けて以下に考察してみましょう。

不潔な状態は不健康ですし、女性に嫌われる原因となりますのでしっかりとケアしていきたいところです。
もし手術をするならどんな点に注意すべきかについても言及していきます。

包茎の何がいけないのか考察します

亀頭に包皮が被っている状態を言いますが、自分で剥けるのは仮性包茎、そうでないものが真性包茎と呼ばれています。
皮被りの状態の何がいけないのか考えてみましょう。
最も大きな理由は不衛生である点です。
亀頭と包皮の隙間に恥垢がたまりやすいため、バイキンが繁殖しやすい環境となっているからです。
その結果、性感染症の原因となったり不妊のきっかけになったりしますので注意しましょう。
症状を自覚しながらも、放置していると状況はどんどん悪化していきますので常日頃から皮を剥いてキレイにしておくことが大切ですので、入浴時は皮を剥いて恥垢を洗い流すようにしましょう。

ただし、真性包茎のケースでは自分で皮を剥くことができませんので、専門機関を受診して手術を受けることが望まれます。
無理に剥こうとすると、出血したり菌に感染するなどのケースが懸念されますので自重すべきでしょう。
尚、仮性包茎であっても女性からバカにされたり、負い目を感じてしまうこともあり、この場合も手術するケースがあります。
ただし、真性包茎のケースとは異なり、仮性包茎は保険診療対象外となりますので注意してください。
いずれにしても包茎を放置すると、自分が損をするたけでなく、性交の結果相手の女性が病気に感染したり不妊に悩まされるリスクが高まります。

仮性包茎の注意点を見てみましょう

仮性包茎は包皮を剥くことができますので、女性とのセックスにも問題ありません。
したがって問題視せずに放置することも多くあります。しかし、そのままでは恥垢が貯まり不衛生になりやすく、性感染症への感染もしやすくなりますので注意したいところです。
対処方法としては、入浴時に包皮を剥いて、溜まっている恥垢を洗い流すことが大切です。
また、不潔な状態で女性との性交に及ぶことには注意しましょう。
大切なパートナーにも雑菌が移り不妊の原因となる可能性があるからです。
自分だけの問題ではないことを心得ることが肝要です。
クラミジアや他の性病にかかるリスクもありますので、普段から注意することをお勧めします。

また、仮性包茎の場合は、特に手術が必要ではありませんが、気持ちの問題であったり女性の目が気になるなどの理由から踏み切る方も増えてきています。
見た目の状態を改善することが動機となっている場合です。
ただ、この場合は、保険が適用されず全額自己負担になりますので注意してください。
また傷跡が想像以上に気になるという事態も想定されますので、信頼できるクリニックを探すことが肝要です。
また後悔しないためにも本当に手術をすべきなのか、しっかりとそのメリットとデメリットを検討することが必要でしょう。

真性包茎の対処方法を確認しましょう

真性包茎は包皮が亀頭を覆っていて自力で剥くことができませんので、早い段階で専門の病院やクリニックを受診することが推奨されます。
無理に皮を剥こうとするのは避けたほうが賢明です。
仮性包茎のケースと同様に不潔になりやすく、不妊に結びつく可能性もあります。
特に結婚している方は、早い段階で正常な状態になっておくのが良いでしょう。
パートナーの方には、内緒にするのではなく事前に相談しておけば、安心して受診することができます。

なお真性包茎は保険診療の対象ともなっており、専門の病院を受診することで適切に対処してもらえます。
費用面でも仮性包茎に比べて負担が少ないので、手術を決断しやすいでしょう。
人に言えない悩みですが悶々と悩むよりも、まず医師に相談することが賢明です。
その際には、術後の見栄えなども相談しておくと後悔せずにすみます。
また、施術は皮が剥けた状態にすることが優先されますので、どんな手術法なのかしっかりと確認しておくことが肝要です。
過去の事例や口コミなどを参考にして、手術を受けるクリニックの比較検討もすると良いでしょう。

ここまで、包茎の方が注意すべき点をみてきました。
まとめると、仮性包茎は特に包皮を剥くことができますので特段に心配する必要はありませんが、不潔になりやすいため入浴時にマメに恥垢を洗い流すことがポイントです。
放置すると恥垢に細菌が増殖して、性病の原因にもなりかねませんので清潔を心がけましょう。
ただ、気になる方は専門のクリニックへ足を運び、診察してもらうのをおすすめします。

一方、真性包茎は包皮を完全に剥くことができませんので、手術を受けることをお勧めします。
尚、保険対象ですので、少ない費用で手術を受けることができます。
パートナーがいる方は幸せな結婚生活をするためにも、早い時期に治療を受けることを推奨します。

いずれの場合も、ペニスが清潔であることが重要なので、今まであまり気にしていなかったという方は衛生状態により気を配っていきましょう。

サイト内検索
【横浜】包茎手術ランキング!
第5位 ABCクリニック
記事一覧